『柿渋やるよ』

益田支部活動報告です。

少し遡りますが、5年前の2010年9月に
活動を模索していた私たちは盛り上がった挙句、
『柿渋をつくろう!』となりまして、
メンバーの実家に押しかけ、柿もぎをし、
結局最後はそこのお母様に柿渋を作っていただいたことがありまして…

先月思い立ち、今年の閉めの定例会は

『柿渋やるよ』

ということで、12月11日にワークショップ形式で
塗ってみました。

d0237571_13121693.jpg

真ん中の「いいとも」の中にいらっしゃるのが、5年間寝かせた柿渋です。


d0237571_13125152.jpg


d0237571_131335.jpg


d0237571_13131349.jpg

この日は、メンバーが工作用紙で手作りしてきた「はりみ」なる塵取り(↑)と
廃材を大工さんに切ってもらった杉のコースターを塗ってみました。

「はりみ」のほうは和紙を貼り、コースターはペーパーをかけ
その上から柿渋を塗りました。

d0237571_13123381.jpg


d0237571_13124228.jpg


柿渋のにおいを警戒し、マスク・軍手着用。
私個人的には、匂いのほうは想定以内でしたが
狭い部屋でやったため匂いは充満してました。
何の匂いかと言われると説明が難しいのですが、
銀杏のにおいに似ているように感じました。

個人個人2回塗り・3回塗りなどを試してみましたが、
塗ったばかりは、無色透明でした。

youtubeによりますと、だんだんと色がついてくるようです。

またみんなで報告しながら、楽しみたいと思います。

「はりみ」完成形↓
d0237571_13133043.jpg


ステキに仕上がりましたが、匂いはまだ残っておるそうです。



                         益田支部 斉藤
[PR]
by shimakenjo | 2015-12-15 18:05 | 益田支部
<< 第二回 青年女性合同委員会 開... 国宝松江城 見学会 >>